初回に2点を先制した糸満だったが、三回から登板した知念のエース金城臣矢の切れ味鋭いスライダーに苦戦した。五回裏2死から4点を奪われ、逆転された。 五回終了後のミーティングで、主将の池間誉人は声を掛けた。「九州も逆転でセンバツをつかんだ。大丈夫だ」。だが、上原忠監督には空元気に見えた。