全九州高校体育大会は12日、各地で行われ、県勢は4競技に出場した。空手道の男子個人組手で、赤嶺洸史(首里)が県勢男子25年ぶりの優勝を果たした。県勢対決となった個人形決勝は島袋佑哉(コザ)が平良眞太(沖尚)を5-0で下し、2連覇した。 ソフトボール男子の読谷と具志川はともに準決勝で敗れた。