沖縄県と市町村の観光振興担当者らによる連絡会議が13日、県庁で開かれた。観光客数1千万人に向けたロードマップの取り組みや外国人観光客増加に向けた沖縄観光国際化ビッグバン事業が紹介された。35市町村、約50人が参加し、各市町村の現状や課題も報告された。