9秒でまるわかり!

  • 沖縄周辺海域の10月の海面水温、解析値が存在する1982年以降過去最高
  • サンゴの白化が心配されたが、弱い種が死滅し新たな白化が進まず
  • 台風通過で今後水温は下がる予想。しかし翌年の生殖に響く可能性も

 沖縄気象台は1日、沖縄の周辺海域で10月の海面水温が過去最高だったと発表した。平均海面水温は東シナ海南部で27・3度、沖縄の南で29・1度(ともに速報値)で、解析値が存在する1982年以降、10月としては最も高くなった。ただ月平均水温の記録更新は平年よりかなり高かった上旬、中旬の影響が大きいとも分析。二つの台風が通過したことで今後1カ月、海面水温は平年並みになると予想している。

沖縄周辺の10月の平均海面水温分布図

沖縄の南 10月の平均海面水温の推移

東シナ海南部 10月の平均海面水温の推移

沖縄周辺の10月の平均海面水温分布図 沖縄の南 10月の平均海面水温の推移 東シナ海南部 10月の平均海面水温の推移

 気象台によると、日射量の多さや太平洋高気圧の縁を回る暖かい空気の影響で海面水温が下がりにくかったことが要因だという。

 海面水温の上昇はサンゴへの影響も懸念されていた。

 県サンゴ礁保全推進協議会の中野義勝会長は「既に昨年で白化に弱い種は死滅したため、今夏は海域全体での新たな白化が進まなかった。夏ほど日差しの強くない10月にさらなる白化を誘発するとも考えにくい」と分析。一方で「目の前の白化は心配する必要はないが、高水温が翌年の生殖に響く可能性は否定できない」とも指摘した。