沖縄県は13日、台風災害警戒本部会議を開き、台風9号の被害状況を報告した。県防災危機管理課によると、台風でけがなどの被害は重傷3人、軽傷24人の計27人だった。避難勧告は東村と名護市で計493世帯1130人に出された。避難者数は10日午前5時に最大23市町村で137世帯、177人に上った。住宅被害は半壊が浦添市で1件、一部破損が沖縄市で1件あった。道路被害は、冠水や陥没などが北中城村、大宜味村、うるま市で計3件だった。