【東京】政府の安全保障関連法案をめぐる沖縄県選出・出身の国会議員アンケートでは、議員らが与野党を問わず法案に対する国民理解が進んでいないと認識していることが浮き彫りになった。今国会での成立については「必要ない」「どちらとも言えない」が多数を占め、与党の中でも慎重な意見が示された。