政府の安全保障関連法案に対する県関係国会議員のアンケートでは、法案への賛否や合憲性については、政権与野党それぞれの立場で二分した。一方、世論調査で政府説明は不十分との回答が圧倒的に多く、議員も総じて国民理解が進んでいないとの認識で一致。