オリオンビール(浦添市、嘉手苅義男社長)が8年ぶりに新しくしたドラフトビールを提供する「オリオンドラフトBAR(バー)」が14日、那覇市久茂地のタイムスビル1階エントランスで始まった。24日まで。営業は午後4~9時。注文受け付けは午後8時半まで。

新ドラフトビールとBARをアピールするオリオンキャンペーンガールたち=14日、那覇市久茂地・タイムスビル

 午後3時から開かれたオープニングセレモニーで、新垣昌光副社長は「新ドラフトビールは独自の醸造技術で爽快さと、うまさに、さらに磨きをかけた。仕事帰りに爽快な1杯を楽しんでほしい」と呼びかけた。

 新ドラフトビール(樽生)は430ミリリットルタンブラーで300円。ノンアルコールビールの「クリアフリー」などのほか、ホテルロイヤルオリオンがおつまみを提供する。