沖縄県議会で埋め立てによる外来生物の侵入防止を目的とした県外土砂規制条例が可決されたことを受け、翁長雄志知事は13日(日本時間14日)、ハワイ州ホノルル空港で記者団の質問に応じた。那覇空港第2滑走路の工期に「それほど影響しない」との見方を示した上で、届け出を審査する立場として「条例にのっとってしっかり対応していきたい」と述べた。

翁長雄志知事=ホノルル空港

 菅義偉官房長官が日本時間13日の会見で、条例が特定事業の狙い撃ちにならないか警戒感を示したことに、知事は「ならないでしょうね」と反論した。

 条例の意義には「沖縄県の海を守る重要性がまずあると思う」と言及。現時点で適用が想定される第2滑走路と辺野古新基地建設の二つの事業に触れ、「自然を守りながら生活を守ることの難しさがある。ただ基地と生活の問題はまた違う話だ」と持論を述べた。

 14日夜、ハワイから帰国し那覇空港に到着した翁長知事は、埋め立て承認の瑕疵(かし)を検証している第三者委員会からの報告日程を15日午前中に確認するとした上で、「結果は最大限尊重する」と記者団に述べた。