時事通信社は14日、菅義偉官房長官の記者会見で、同社の経済部の男性記者(47)が県外土砂規制条例をめぐり不適切な質問をしたことを受け、記者を総務局勤務とした。今後、関係者の具体的な処分を検討する。

 同社の渡辺祐司編集局長は「沖縄県民をはじめ、議会関係者ら皆さまに不快な思いをさせたのは極めて遺憾です。申し訳ありません。再発防止に向け、記者教育の徹底を図ります」とコメントを発表した。

 記者は13日、菅官房長官の記者会見で「国としてもある意味、見限ってもいいのでは」「そんな連中は放っておいてもいいと思うが」などと質問した。