プロバスケットボールTKbjリーグの横浜ビー・コルセアーズは14日までに、喜久山貴一(23)=美来工科高-順天堂大出=と2015~16シーズンの選手契約に基本合意したと発表した。

喜久山貴一

小渡将貴

喜久山貴一 小渡将貴

 喜久山は高校3年だった10年、美ら島総体で活躍。大学卒業後は沖縄県内クラブチームのARKに所属し、県大会準優勝に貢献した。

 喜久山は球団ホームページ(HP)で「家族、仲間、恩師、応援してくれた方々に感謝の気持ちでいっぱい。初めてプロという舞台に立てる喜びと同時に、おごらずプロとしての自覚を持ち、チームの優勝に貢献できるように頑張る」とコメントした。

 また、埼玉ブロンコスは小渡将貴(24)=小禄高-九州国際大出=と選手契約に基本合意した。チームトライアウトを経て契約に至った小渡は、球団HPで「家族、友人、先輩に支えてもらった。この恩返しは必ずバスケットで返したい。うちなーんちゅパワーを埼玉ブロンコスに」とコメントした。

 その他、岩手ブロンコスを退団した与那嶺翼(北中城高-日体大出)は新規参入の金沢武士団と、前福島ファイヤーボンズの新里智将(興南高-名桜大出)は東京サンレーヴスと契約に基本合意している。