沖縄振興開発金融公庫(譜久山當則理事長)は13日、台風9号の被災者を対象にした災害特別相談窓口を設置した。災害復旧に必要な資金の融資や、すでに公庫から融資を受けている被災者の返済方法変更などの相談を受け付ける。

 沖縄公庫は、5月の台風6号での被災者特別窓口も継続している。問い合わせは本店と中部、北部、宮古、八重山の支店の窓口。