「第57回ACC TOKYO CREATIVE AWARDS」(主催・全日本シーエム放送連盟)のメディアクリエイティブ部門ゴールドに1日、琉球放送(RBC)の「おきなわ健康長寿プロジェクト 歩くーぽん」が選ばれた。

ゴールドのトロフィーと賞状を受け取った琉球放送東京支社の真栄喜啓介営業部長=1日、東京千代田区

 沖縄県民の運動不足を解消するため、テレビCMで歩くことを啓発。公式アプリ「歩くーぽん」を使って歩行を促し、歩数に応じたインセンティブを用いて店頭へ誘導するといった仕組みが評価された。

 企画に携わった同社東京支社の真栄喜啓介営業部長は「県や広告主の課題解決のために今後もチャンレンジしたい」と喜んだ。同アワードは日本のクリエーティブ業界最大級のCMコンクールで6部門に2641作品の応募があった。今年から新設されたメディアクリエイティブ部門には148本の応募があり、グランプリ(総務大臣賞)は該当がなく、ゴールドはそれに次ぐ賞となっている。