大型で非常に強い台風11号は15日午前9時現在、日本の南にあり、時速20キロの速さで北に向かっている。中心の気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル。

台風11号の進路予想図(気象庁HPより)

 台風は、大東島地方の東海上を強い勢力を保ったまま北へ進み、16日夜には西日本の太平洋側に接近し、17日にかけて上陸する恐れがあり、気象庁は暴風や高波への警戒を呼び掛けている。

沖縄気象台によると、大東島地方では15日昼前から16日明け方にかけて、最大風速15メートル、最大瞬間風速25メートルの強い風が予想される。

沖縄地方の沿岸の海域ではうねりを伴い、大東島地方では大しけとなっている。気象台は高波に注意を呼び掛けている。(沖縄タイムス+プラス編集部)