沖縄県警が今年摘発した覚醒剤などの違法薬物の摘発件数が9月末で157件に上り、過去最多だった昨年175件の同期比で20件増え、ワーストを更新するペースで増加している。10月30日までに県警暴力団対策課のまとめで分かった。覚醒剤の摘発が91件(前年同期比で37件増)と最多で、県警は「末端で一般市民の乱用者が増加している」とし、警戒を強めている。

沖縄県警は、覚醒剤が一般の市民にまん延している可能性があると懸念

沖縄県警は、覚醒剤が一般の市民にまん延している可能性があると懸念

157人摘発、9割は一般人

 同課によると、今年9月末現在で摘発した157人中、暴力団は19人、一般人が138人と全体の約9割を占める。種類別では覚醒剤が37件と増加する一方で、「大麻」(前年同期比6件減)、「麻薬等」(同1件減)、「指定薬物」(同10件減)の3種がそれぞれ減少しているのが特徴。

 捜査関係者は県内に覚醒剤が流通し、一般の市民にまん延している可能性があると懸念。「供給源とみられる暴力団や密売組織の実態解明を進めるとともに、組織解体に向けてさらに取り締まりの強化が課題となっている」としている。

 ことし6月、台湾から密輸した覚醒剤を営利目的で所持したとして、県内在住の5人が県警に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕され、県内で組織的な密輸・密売グループの存在が明らかになっている。