沖縄県立博物館・美術館は1日、公募していた同館の愛称を「OkiMu(おきみゅー)」、マスコットキャラクターは同館の外観をモチーフにした「おきみゅーちゃん」に決定した。愛称は那覇市の会社員、比嘉三恵さん(44)、マスコットキャラクターは那覇市に住むイラストレーター、濱口南子(なんし)さん(24)の案がそれぞれ選ばれた。

愛称「OkiMu」を考案した比嘉三恵さん(左)とマスコットキャラクター「おきみゅー」をデザインした濱口南子さん=1日、県立博物館・美術館

 比嘉さんは「言葉の響きがかわいくて気に入っている」と満足そうな表情。濱口さんは「きれいで面白い形の建物をキャラクター化した。多くの人に親しんでもらえたら」と期待を込めた。

 同館は8月8日から約1カ月間、同館の愛称とマスコットキャラクターのデザインを公募。愛称には256件、マスコットキャラクターには862件の応募が全国から寄せられ、選定委員会で審査し決まった。