【東京】15日、衆院平和安全法制特別委員会で政府提案の安全保障関連法案を与党が強行採決した。採決時、沖縄県関係国会議員の委員、赤嶺政賢氏(共産)は浜田靖一委員長席に詰め寄り抗議、下地幹郎氏(維新)は政府案に賛成できないとして退席した。宮崎政久氏(自民)は起立して賛成した。