宮古島署は15日、宮古島市内の80代男性が2日間で約200万円をだまし取られる還付金詐欺に遭ったと発表した。同様の手口の還付金詐欺は今月に入って4件目。未遂も5件発生している。沖縄県警は「ATMで還付手続きすることはない」と注意を呼び掛けている。

 同署によると、14日に被害男性宅に「還付金があります。近くのスーパーのATMに行けますか」と男の声で電話があった。男性に携帯電話を持ってATMへ向かうよう促したという。

 電話の男は、男性に還付金の手続きと信じ込ませた上でATMを操作させ、自ら管理する口座に約100万円を送金させた。また15日にも「昨日手続きができなかった」と再度電話があり、男性は同様に約100万円を送金。その後、新聞を見た男性は警察へ相談し発覚した。