大阪市の米映画テーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)を運営するユー・エス・ジェイの森岡毅執行役員は15日、沖縄県内で構想中の新テーマパークのテーマを「南国リゾートでのリフレッシュ」と説明した。「ユニバーサル」ブランドは使わない方針だ。開業時期や建設場所は明らかにしなかった。大阪市内のUSJであったイベント終了後、記者団に語った。

 森岡氏は近く沖縄県庁を訪問し、翁長雄志知事に「計画の最新情報」を説明する考えも明らかにした。USJの沖縄進出をめぐっては、グレン・ガンペル最高経営責任者(CEO)が17日に県庁で翁長知事と会談することが分かっている。

 ガンペル氏は、テーマパークの候補地として有力視されている本部町の美ら海水族館を中心とする国営海洋博公園での事業展開を翁長知事に説明するとみられる。

 USJが海洋博での事業展開を決めた場合、建築基準の規制緩和や国営公園の運営管理の見直しが必要になる。USJは国に国家戦略特区の活用で、規制緩和する方法を求めており、県にも同様の要望をする方針。

 ガンペル氏はことし3月、新たなテーマパークを県内で建設する考えを発表。菅義偉官房長官も沖縄進出への全面的な支援を表明している。新パークの建設場所は、名護市のネオパークオキナワも候補地に挙がっている。