「まさか戻ってくるとは思っていなかった」。10年前に盗まれた自転車が10月2日、末広尚希さん(40)=宜野湾市=の自宅に帰ってきた。パトカーに乗って届けられた自転車はさび付き、年季が入っていたが「感動の再会。感謝の気持ちでいっぱいだった」と久々の対面を喜んだ。

発見した沖縄署員から、自転車を受け取った末広尚希さん(左)=10月2日、宜野湾市

 「盗まれていた自転車が見つかりました」。10月1日、出張で東京に滞在していた末広さんに沖縄署から電話があった。「一瞬何のことか分からなかった」が、忘れていた記憶が徐々によみがえってきた。

 2007年に浦添市の自宅で盗まれた自転車。娘を保育園へ送り迎えするために買ったものだったが、2カ月もしないうちに盗まれたという。

 盗難届は出していたものの「すっかり諦めていた」と振り返る。

 見つかったのは盗まれた自宅から約20キロ離れた沖縄市泡瀬で、パトロール中だった沖縄署の警察官が放置されている自転車を発見した。

 防犯登録されていたため、すぐに持ち主を特定できたという。

 自転車はきれいに整備され、末広さんが経営する保育園周辺を移動する際に乗っている。「防犯登録が役に立った。二度と盗まれないよう、鍵をしっかり掛けたい」と話した。(社会部・嘉良謙太朗)