【名護】名護市辺野古の新基地建設で、公有水面埋め立て承認手続きを検証する有識者の第三者委員会が16日、手続きに法律的瑕疵(かし)があると結論づけた検証結果を翁長雄志知事に報告したことを受け、稲嶺進市長は「やっぱりという、想定していた内容だった」と述べた。

 同日、市役所で報道各社の取材に応じた稲嶺市長は「県民が納得できるものではないか」と評価。検証結果を尊重するとした翁長知事の姿勢を支持した上で、「県民が求めているのは埋め立て承認の取り消し、撤回だと思う」と述べた。