沖縄県文化観光スポーツ部(前田光幸部長)が16日発表した2014年度の観光収入は、前年度から863億400万円(19・3%)増の5341億7200万円で過去最高を更新した。5千億円を突破したのは初めて。

観光収入と観光客数の推移

 観光客1人当たり消費額は7万4502円(9・5%増)で2年連続増加した。1人当たり消費額のうち、宿泊費と県内交通費、飲食費が伸びたことで全体を押し上げ、観光収入の増加につながった。

 消費額の3割を占める宿泊費は前年度に比べ21・6%増えて2万2317円だった。県内交通費は9・8%増の1万897円、飲食費は7・7%増の1万6830円だった。一方、土産・買い物費は1・9%増で1万6378円、娯楽・入場費は0・7%減の6604円だった。その他は2・4%増加の1476円だった。

 平均滞在日数は3・84日で0・02ポイント増加した。

 前田部長は「宿泊施設の稼働率が上がり、それに付随する形で客室単価も上がってきたが、まだリーマンショック前の水準には戻っていない。本年度は宿泊費のさらなる増加に期待したい」と語った。

 観光収入は、観光客を対象にした年4回の県の実態調査で算出した項目別の1人当たりの消費額を基に、入域観光客数全体の消費額を割り出している。