「選挙独裁」。選挙によって誕生した強力な政権が、国民の支持が不十分な政策であっても断行することを批判していう。 安全保障関連法案の衆院通過を目の当たりにし、この言葉の現実化に危機感を深めている。 これまでの過程が幾重にも、ねじれた末に出てきた法案である。