沖縄タイムス+プラス ニュース

「空飛ぶ司令部」E4B、嘉手納に飛来 トランプ大統領訪日合わせ

2017年11月6日 07:20

 核戦争や大規模災害など、地上で指揮が執れない場合に備えた米軍の空中指揮機E4Bが5日午後2時前、嘉手納基地に飛来した。米大統領の外遊の際には近くの米軍基地に待機することが多く、トランプ米大統領の訪日に合わせた飛来とみられる。所属は米ネブラスカ州オファット空軍基地。「空飛ぶ司令部」と呼ばれる。

米軍嘉手納基地に飛来した空中指揮機E4B=5日午後2時ごろ(読者提供)

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS