2017年(平成29年) 11月20日

沖縄タイムス+プラス ニュース

CHURASAがグランプリ 世界エイサー大会

 国内外のエイサー団体が参加する「世界エイサー大会2017」(主催・同実行委員会)のグランプリ部門の本選が5日、沖縄県浦添市の国立劇場おきなわであり、本島南部で活動する団体「CHURASA」がグランプリを受賞した。

グランプリに輝いたCHURASA=5日、浦添市勢理客・国立劇場おきなわ(喜屋武綾菜撮影)

 4日にあった予選を勝ち抜いた6団体が踊りを披露し合った。ジュニア部門でも優勝したCHURASAは結成18年目。玉城ちかし団長(41)は「子どもから大人まで、チームの団結力があったからこそ勝ち取ることができた」と喜んだ。

 同大会は、地域や性別、人種、年齢などに関係なく創作エイサーを楽しむため2011年に始まった。審査委員長を務めた久万田晋・県立芸術大学付属研究所所長は「沖縄だけでなく、県外や国外からも自由な発想でエイサーを踊っていた。今後も自分たちらしさを出して、新たなエイサーの形に挑戦してほしい」と呼び掛けた。

【エイサーまつり!】 輝くあなたが写っているかも!

 

 「沖縄タイムス フォトギャラリーDL」では、沖縄各地のエイサーまつりの写真がご覧いただけます。輝くあなたや家族、友人が写っているかも。がんばった証しに、仲間との思い出に、チェックしてはいかがでしょうか?

【エイサーまつり ※随時追加予定】
・第12回うるま市エイサーまつり
・第28回名護市青年エイサー祭り
・第16回うらそえ青年祭

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間

注目トピックス