興南は今大会全ての試合でいずれも先制してリードを広げるなど、投打に安定した戦いぶりで勝ち上がってきた。 県春季大会優勝の原動力になった2年生エース左腕の比屋根雅也は2試合に先発し、いずれも完封。五回1死一、三塁で救援した3回戦の南風原戦では、危なげなく無得点にしのいだ。