3月のセンバツ1回戦敗退後、糸満は持ち味の機動力を生かすため、打撃練習に最も力を入れてきた。その成果は、4強で一番となるチーム打率4割1分6厘に表れている。