【東京】菅義偉官房長官は16日の記者会見で、新基地建設をめぐり、前知事による公有水面の埋め立て承認の検証をしてきた県の第三者委員会が、手続きに法的な瑕疵(かし)があるとの報告書を翁長雄志知事に提出したことに「おととしに仲井真弘多前知事から承認をいただいている。すでに行政の判断は示されている」と述べ、手続きに瑕疵はないとの考えを示した。

 菅氏は「わが国は法治国家であり、行政の継続性の観点からは、すでになされた承認に基づいて埋め立て工事を進めさせていただいている」と述べた。

 また、中谷元・防衛相も同日、「手続きに瑕疵があったとは考えていない」との認識を示した。防衛省で記者団に語った。

 中谷氏は「何とか理解を頂けるよう努力をする」と述べ、再び沖縄を訪問し、翁長氏と会談したい意向を示した。