名護市辺野古の新基地建設に伴う埋め立て承認を検証してきた第三者委員会は「法律的な瑕疵(かし)が認められる」と結論付けた。新基地建設に反対する翁長雄志知事が「取り消し」に踏み切る可能性は高まった。ただ、国の埋め立て事業で「承認取り消し」の前例はなく、県は国との「法廷闘争」に備えた周到な準備を迫られる。