名護市辺野古の新基地建設に反対する市民ら約70人は17日午前、米軍キャンプ・シュワブ前でデモ行進し、安全保障関連法案の衆院通過を受け「戦争法案ただちに廃案。憲法を守ろう」などと訴えた。

米軍キャンプ・シュワブゲート前でシュプレヒコールをする辺野古新基地建設に反対する市民ら=17日午前、名護市

 大浦湾では、沖縄防衛局の警戒船数隻が見られたが、作業船の動きはなかった。