18日午前、米軍キャンプ・シュワブゲート前では朝から市民ら約300人が結集し、安倍政権が強行する辺野古新基地建設や安全保障関連法案に抗議の声を上げた。また反対の意志を示そうと、自前で購入した雨傘に市民らが思い思いのメッセージを書き込む姿もあった。宜野湾市から参加した女性(70)は「初めての試み」とペンを走らせていた。

辺野古新基地、安保法案などへの抗議メッセージを雨傘に書き込む市民ら=18日午前10時12分、名護市の米軍キャンプ・シュワブゲート前