全国で子どもの感染症が流行している。国立感染症研究所の調べによると、「りんご病(伝染性紅班(こうはん))」は6月29日~7月5日の患者報告数が過去10年で最多となった。「手足口病」も6月末から28都府県で警報レベルを超えている。