夏の甲子園出場を懸けた高校野球の第97回全国選手権沖縄大会は18日、第1シードの興南と、第2シードの糸満が決勝に進んだ。

沖尚-興南 沖尚打線を4安打1失点に抑え、完投した興南の比屋根雅也=沖縄セルラースタジアム那覇(松田興平撮影)

 興南は一回2死一、三塁の好機で5番具志堅大輝が右中間二塁打を放ち、2点を先制。続く石川涼の内野安打、さらに敵失も絡み、沖縄尚学から一挙に3点を挙げた。

 左腕の比屋根雅也は五回まで1安打ピッチング。六回に1点を失ったが、その後も粘りの投球を続けた。九回は2死二、三塁のピンチを背負ったが最後の打者を三ゴロに仕留め、3-1で沖尚を退けた。興南の決勝進出は5年ぶり18度目。

 糸満は13安打の猛攻で、宮古を7-2で下した。一回、2番岡田樹、3番池間誉人の連続二塁打などで2点を先制して主導権を握り、三回にも岡田の二塁打を足掛かりに1点を加え、試合を優位に進めた。四回には2死満塁の好機で3番池間が左中間に走者一掃の三塁打を放つなど7点目を挙げた。

 投げては金城乃亜、平安常輝の継投で宮古打線を4安打に抑えた。糸満の決勝進出は2年連続5度目。

 決勝は19日、沖縄セルラースタジアム那覇で午後1時開始。興南が勝てば5年ぶり11度目、糸満は4年ぶり2度目の優勝となる。

 両校の決勝対決は興南・島袋洋奨(現ソフトバンク)と糸満・宮國椋丞(現巨人)が投げ合った2010年以来。

[見どころ]投の興南か 打の糸満か

 興南の「投」と糸満の「打」の対決が最大の見どころになる。興南は、4月のチャレンジマッチではエース比屋根雅也が糸満打線を2安打に抑え、3-0で破った。比屋根は今大会も4試合2失点と安定している。

 春以降、打撃練習に力を入れた糸満は、今大会1試合平均14安打とパワーアップ。準決勝の宮古戦も13安打を放ち、7得点を奪った。興南は打撃、糸満は継投のタイミングが勝敗を左右しそうだ。