2回戦の那覇商業戦、準々決勝の普天間戦を、逆転サヨナラ勝ちで切り抜けてきた沖縄尚学は、興南戦でも九回に「一打同点」のチャンスをつくり、強豪の意地を見せた。 先頭の3番松元孝平は「何でもいいから塁に出てやろうと思った」と左前打で出塁。