4強トップの打力が全開だった。糸満の猛打が初回からうなりを上げ、初の甲子園春夏連続出場に王手をかけた。宮古の絶対的エース松川竜之丞に9安打を浴びせて6点を奪い、四回でマウンドから引きずり下ろすなど、序盤で勝負を決めた。