糸満は2投手の継投で、強打の宮古打線を4安打2失点に抑えた。 先発のエース金城乃亜は5回を2安打1失点と試合をつくった。四回までは毎回を三者凡退。「テンポよく、考える隙を与えずに自分のペースで」と意識した通り、打者の膝元や外角ぎりぎりの低めを突きながら小気味よく投げ込んだ。