全4試合を一人で投げ、防御率0点台の宮古のエース松川竜之丞は一回、糸満の先頭打者を三振に仕留めると、打率6割台と好調の2番岡田樹を迎えた。 2球で追い込み、直球で勝負。だが左越え二塁打、3番池間誉人にも二塁打で続かれ、2点を失った。