【本部】夏休み初日の18日、本部町の海洋博公園で第37回花火大会が開かれた。県内最大級の約1万発が打ち上げられ、夜空を彩った。今年は美ら海水族館などをイメージした魚の形の花火も登場。約4万1千人が歓声を上げながら見入った。

夏の夜空を飾る色とりどりの花火=18日午後8時すぎ、本部町・海洋博公園(金城健太撮影)