沖縄県名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局が6日、新たな護岸工事に着手した。土砂投入へ向け着実に工事を進める構えを見せる防衛局に対し、県は「工事は後戻りできる段階だ」とけん制する。順調な工事をアピールしたい国側に対し、知事権限を行使して建設を阻止したい県は、国の「土俵」を警戒する。