■2年エースを援護射撃 男子 男子歴代最多の優勝回数を誇る読谷が、4度目の優勝を目指すあげなとの投手戦を2-0で制し、3年ぶりの栄冠を手にした。 読谷は五回1死二塁、打席に入った5番金城佑和が「絶対に点を取ってやる」と真ん中の直球を強振。打球は右中間を深々と破り、ランニング2点本塁打となった。