糸満カラーの足を使った機動力で追加点を狙ったが、興南の守りに阻まれた。 1-0の五回1死三塁、2番岡田樹はスクイズを狙うも、バットを投げ出すほど大きく投球をそらされた。飛び出した3走大城翔太郎は挟まれアウト。追加点を奪えず、上原忠監督は「決まっていれば有利な展開。采配の駆け引きで負けた。