スタンドには、5年前に春夏連覇を成し遂げた当時の野球部OBらも駆け付け、大舞台での後輩の活躍に期待を寄せた。

母校の甲子園出場を喜ぶ興南高の卒業生。左から3人目が山川大輔さん、後列右端が銘苅圭介さん

 当時は捕手で、主力バッターとしても活躍した山川大輔さん(23)は「うまく粘って追加点を重ねられたのが勝敗を分けた。甲子園は全国の強豪が集うが、楽しみながらプレーして」とアドバイス。ライトの銘苅圭介さん(23)は「今大会の試合では、ワンチャンスを逃さず得点につなげていた」と評価し、「沖縄の代表として、全国でも力を発揮してほしい」と激励した。

 「僕ら以来の甲子園出場。本当にうれしい」と喜ぶのは、当時10番で投手を務めた砂川大樹さん(23)。大学生だった昨年まで、母校が出場する地区予選大会などにも足しげく通い、応援を続けていた。「甲子園では伸び伸びやってほしい。優勝も期待している」とエールを送った。