沖縄県と沖縄気象台は20日午後7時8分、名護市と大宜味村、東村に土砂災害警戒情報を発表した。午後5時6分に発表された国頭村は引き続き対象地域となっている。

 気象台によると、同市村では降り続く大雨のため土砂災害の危険度が高まっている。崖の近くなど土砂災害の発生しやすい地区に住んでいる人は早めの避難を心がけるとともに、市町村から発表される避難勧告などの情報にするよう呼び掛けている。