プロボクシングの2015年西部日本新人王決定戦が20日、福岡県の宗像ユリックスイベントホールで行われた。フェザー級4回戦でプロ2勝(2KO)の仲里周磨(中部商高出、ナカザト)が、黒川浩道(ヤマカワスポーツ)に3-0で判定勝ちし、西部日本新人王を獲得した。

プロボクシングの西部日本フェザー級新人王を獲得した仲里周磨(中央)=福岡県・宗像ユリックス(提供)

 仲里は中日本新人王との対抗戦(9月・愛知)に勝利すれば、西日本新人王との西軍代表決定戦(10月・大阪)に進出する。西軍代表は、全日本新人王を懸けて東軍代表と戦う。