第19回日本伝統文化振興財団賞の贈呈式が20日、浦添市の国立劇場おきなわ小劇場であり、琉球舞踊世舞会の佐辺良和師範に、賞状が贈られた。また、佐辺さんは記念舞踊を披露した。

受賞を記念し「鳩間節」を披露する佐辺良和さん=浦添市・国立劇場おきなわ

 同賞は、伝統文化・芸能分野で将来が期待される実演家に贈られる。7日は東京でも贈呈式があった。

 沖縄での式に臨んだ佐辺さんは「育ててくれた皆さんの前で受賞できうれしい」と語り、さらなる精進を誓った。

 安慶田光男副知事、沖縄タイムス社の豊平良孝社長らも祝辞を述べ、将来に期待した。

 記念舞踊は、素踊り形式で「かぎやで風」と「鳩間節」を披露し、参列者の祝福を受けた。