名護市の辺野古新基地建設に反対する市民らは、21日午前も米軍キャンプ・シュワブゲート前で抗議行動を続けた。約50人が「辺野古埋め立て、今すぐやめろ」「戦争法案、絶対反対」などと求めた。午前8時前には銃のようなものを携帯した米軍の日本人警備員の姿も確認され、ゲート前ではあまり見かけないことから「やり過ぎだ」などの声が上がった。

辺野古新基地建設に抗議を続ける市民ら=21日午前、名護市・キャンプシュワブゲート前

 一方、午前8時40分までに、「潜水調査中」ののぼりを掲げた沖縄防衛局の小型船3隻が汀間漁港を出た。午前9時半現在、辺野古沖には海底ボーリング調査用の大型作業船や台船はない。

 シュワブの海岸ではクレーン車が作業する様子が見られた。