日本サッカー協会は21日、8月に中国の武漢で開催される東アジア・カップに臨む女子日本代表「なでしこジャパン」の23人を発表し、DFで高良亮子(小禄南小-神村学園中-同高出、仙台)が選出された。

高良亮子

 高良の代表入りは、2013年9月以来2度目となる。女子ワールドカップ(W杯)準優勝メンバーからは、菅沢(千葉)や川村(仙台)ら6人が選ばれている。

 右膝のけがでW杯代表を逃した高瀬(INAC神戸)が復帰。宮間(岡山湯郷)や澤(INAC神戸)は外れ、国内組の若手中心の陣容となった。