【南城】市民一人一人が平和について考え、語り、行動してもらおうと、市(古謝景春市長)は8月14~16日、小学生以上の市民を対象に「糸数アブチラガマ平和学習体験」を実施する。

 アブチラガマは市玉城糸数にある洞窟。1945年の沖縄戦では、住民の避難先、日本軍の陣地壕・倉庫として使われたが、軍の南部撤退に伴って沖縄陸軍病院の分室となり、600人以上の負傷兵で埋め尽くされた。

 参加無料。事前申し込みが必要で、31日が締め切り。市は「平和について考える時間を持ってもらえたらと企画した。自分の幸せに気付き、次世代に思いをつなげてほしい」と参加を呼び掛けている。

 また、市は「市民平和の日」の8月10日午後7時から、シュガーホールで「810(ハート)ライブ」を開催する。歌手E(エ)PO(ポ)さんのライブ、歌三線に踊りや芝居もこなすバスガイド崎原真弓さんの講演、市内合唱団による歌もある。入場無料。

 問い合わせはいずれも、市民平和の日発信事業事務局(市まちづくり推進課)、電話098(948)7110。