【東】20日から21日にかけての豪雨の影響で大規模な土砂崩れが発生した東村では22日、現場の復旧作業が進められた。国道331号をふさいだ2カ所のうち、1カ所は片側通行が可能になったが、もう1カ所は両側2車線をふさいだまま。村平良から伊是名集落までの約2キロは依然通行止めとなっている。

土砂の勢いでなぎ倒された電柱や電線の復旧作業を進める作業員=22日午後6時12分、東村平良の国道331号

 長さ約20メートルに渡って崩れた南側の現場は、土砂やなぎ倒された樹木が撤去され、北向き片側車線が通行できるようになった。

 一方、長さ約600メートルに渡って崩れた北側の現場は、土砂の運搬や倒れた電線、ケーブルの復旧作業が進められたものの、両側2車線をふさいだままとなっている。県北部土木事務所は、完全復旧まで1週間程度かかるとみている。