教え子の女子生徒にキスをしたとして、沖縄県教育委員会は9日、沖縄本島の中学校に勤務する20代男性教諭を懲戒免職処分にした。学校側は警察にも相談している。本年度に入り、わいせつ行為による教員の処分は5件目。

 県教委によると教諭は夏休み期間中の8月、教室で個別指導していた生徒に複数回キスをした。別の生徒からの訴えで9月に発覚し、地元教委や県教委が調べていた。教諭は「生徒に好意を持っていた」と事実関係を認めているという。

 平敷昭人県教育長は「教員がこのような卑劣な行為をしていたことは極めて遺憾。被害に遭われた方をはじめ、県民に深くおわびする」とのコメントを発表した。